2016年10月1日土曜日

TFAP シモン・ペレスの葬儀を欠席



、、、(爆wwwwwwwww

扶桑社記者の山崎元@大口病院





皇室』(こうしつ、Our Imperial Family)は、日本の季刊雑誌。日本で唯一、皇室のみを扱う専門グラフ誌。扶桑社が発行している。1冊1600円+税。
皇族の動静や皇室文化についての記事などを掲載している。2011年(平成23年)秋号で、通巻52号に達した。創刊号は、タイトルが「わたしたちの皇室」であった。


大口病院に無断侵入疑い 雑誌記者ら2人逮捕 神奈川県警
2016/9/30 23:09

入院患者の中毒死事件があった大口病院(横浜市神奈川区)に無断で立ち入ったとして、神奈川県警神奈川署は30日、扶桑社記者の男(46)=東京都杉並区善福寺3=と、私立大学生の男(20)=同区西荻北1=を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、2人は「病院内を撮影するため侵入した」と話している。

神奈川署によると、30日夕、同病院の4階廊下で大学生がスマートフォンをかざしながら歩いているのを看護師が発見。警備員に取り押さえられた大学生は記者に「トラブルになった」と電話した。

現場に駆けつけた記者が、病院職員に無許可で侵入したことを認めたため、病院が同署に110番した。2人は知り合いといい、同署は詳しい経緯を調べる。

扶桑社は「『週刊SPA!』の記者がスタッフと大口病院を取材しているという話は把握していたが、逮捕については事実関係を確認中」としている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30HB7_Q6A930C1CR8000/

2016年9月30日金曜日

ギルチョン陶芸院@ロッテスカイヒル星州カントリークラブ


韓国、THAADの配備予定地変更 ロッテグループのゴルフ場に
2016年9月30日17時31分

9月30日、韓国国防省当局者は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を、南東部のゴルフ場に配備する計画だと明らかにした。提供写真(2016年/U.S. Deprtment of Defense, Missile Defense Agency/Handout via Reuters/File Photo)
Ads by Google [PR]

[ソウル 30日 ロイター] - 韓国国防省当局者は30日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を、南東部のゴルフ場に配備する計画だと明らかにした。

北朝鮮が核実験や弾頭ミサイル発射実験を相次いで実施したことを受け、韓国は7月、THAADを南東部の星州郡に配備することで米国と合意。

しかし、メロン農業が盛んな同地域の住民らは、レーダーの強い電磁波が健康に与える影響への懸念や、戦争になれば報復すると警告する北朝鮮の標的になる可能性などから強く反対、当局は変更を余儀なくされた。

同当局者はロイターに、新たな配備先はロッテグループが所有する「ロッテスカイヒル星州カントリークラブ」だと述べ、事前の報道内容を確認した。高い標高と軍用車のアクセスが良いことから、選ばれたという。

国防省がこの土地をロッテグループから取得するかどうかは不明。

ゴルフクラブ関係者はロイターに電話で「国家安全保障の厳しい状況を考慮し、当ゴルフ場へのTHAADの配備について前向きに検討していく」と述べた。
http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKCN1200XH.html


結局、米ドルの基軸通貨としての地位は盤石なわけよ(爆w


[ 金融・商況 ]
【電子版】大き過ぎてつぶせないドイツ銀、メルケル氏救済望んでも選択肢に限り

(2016年9月30日)

メルケル首相(ブルームバーグ)

(ブルームバーグ)ドイツ最大の銀行である ドイツ銀行の株主らは、株価が今年50%余り下落した同行を支えるためにドイツのメルケル首相が何をするつもりなのか、手掛かりを探ろうとしている。

来年の総選挙で4選を目指すかどうか決断の時期を迎えるメルケル首相にとって、ドイツ銀を政府が救済するとの観測は、政治的に有害だ。住宅ローン担保証券(RMBS)に関する調査決着の条件として、米当局がドイツ銀に数十億ドルの支払いを求める中で、公的資金投入の観測には「根拠がない」と首相報道官が政府見解を明らかにした。これに先立つ独誌報道が、救済をめぐる臆測を呼んでいた。

アリアンツ・グローバル・インベスターズのアンドリアス・ウーターマン最高投資責任者(CIO)は、それで救済観測が沈静化したわけではなく、ドイツ銀が仮に「本当に危険な状態」に陥れば、ドイツ政府は介入せざるを得なくなるとの 見方を示す。

ドイツ銀のジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は独紙ビルトとのインタビューで、資本調達は「現時点で問題ではない」と述べ、政府の支援を受け入れることは「われわれにとって論外だ」と発言した。

危機の際に「大き過ぎてつぶせない銀行」の救済費用の負担から納税者を守るため、欧州連合(EU)が導入した銀行破綻処理に関する「銀行再建・破綻処理指令(BRRD)」の下では、政府が銀行を支えることが一層難しくなる。メルケル首相も支持したBRRDの想定では、「特別の公的金融支援」が必要な場合とは、金融機関が「破綻しつつあるか、破綻する可能性が高く」、事業整理の開始につながるケースを意味する。存続可能な銀行への国の支援は厳しく制限され、メルケル首相がドイツ銀のために介入することがあっても選択肢は限られる。
自助努力のモデルはコメルツ銀か

メルケル首相率いる与党連合の議員らは、ドイツ銀が資本不足のために破綻のリスクに直面する場合は、政府が介入すると予想する。政府が避けたいシナリオについて話すことから連立与党の4人の議員が匿名を条件に語ったところでは、その時点では何らかの国家介入の必要性が政治的影響をめぐる計算に勝ることになりそうだ。一部の議員は、クライアンCEOがさらに努力することを望んでおり、リスク軽減のために業務の再編が必要だと2人の議員が述べ、コメルツ銀行の人員削減プランが一つのモデルになり得ると1人が指摘した。
ドイツ銀の株式を政府が取得することはあり得るか?

民間投資家も同時に購入し、実勢価格を政府が支払うと仮定すれば、答えは多分イエスだ。BRRDは「特別の支援」について、特定の企業を特別扱いすることで競争をゆがめる国庫補助と定義しているが、EUの行政執行機関である欧州委員会が、ドイツ政府の行動が競争上の基準を満たすと判断すれば、株式の取得は容認される可能性がある。
さらに思い切った行動が必要な場合はどうなるか?

「特別の支援」が必要になる場合、事業整理を開始することなく存続可能な銀行を支援する選択肢が政府には存在するが、ハードルは高く、加盟国経済の深刻な混乱を収拾し、金融の安定性を維持する目的に限って認められる。予防的かつ一時的であり、沈静化を目指す混乱に比例した規模でなければならず、過去あるいは今後予想される損失をカバーするために利用することはできない。EUの国庫補助ルールの下で、通常は株主と劣後債の保有者に損失負担が求められる。

これらの基準を全て満たせば、ドイツ銀が新たに発行する債券の保証を政府が提供することも可能になろう。

原題: If Merkel Wants to Help Deutsche Bank, She Has Few Options: Q&A(抜粋)

(2016年9月30日)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00401593

ロッテ観光(笑)






2016年9月29日木曜日

木村剛に37億円賠償命

木村元会長に37億円賠償命令=債権買い取りで振興銀に損害-東京地裁

2010年に経営破綻した日本振興銀行(解散)の旧経営陣が、商工ローン大手SFCG(旧商工ファンド、破産手続き中)からの債権購入をめぐって銀行に損害を与えたとして、同行から債権を譲り受けた整理回収機構が木村剛元会長に50億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(大竹昭彦裁判長)は29日、約37億5700万円の支払いを命じた。

大竹裁判長は「SFCGの経営状況が極めて危険な状態だったことは元会長も十分認識していた」と指摘し、取締役会で債権買い取りを承認した元会長に注意義務違反があったと認めた。

木村元会長と共に提訴された元役員ら6人については、既に和解が成立するなどしている。
(2016/09/29-18:49)

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092900836&g=soc


ボルゾイと言えば「いづみ」ですね。(爆w

猟犬としても知られる大型犬6匹が逃走。ほかの犬を次々と襲撃し、街は緊迫に包まれた。28日朝、教職員に見守られながら登校した児童たち。福岡・朝倉市で27日午前6時半ごろ、80代の女性が飼っていた大型犬6匹が逃げ出した。

道の真ん中を堂々と歩く犬。車にも全く動じていない。そして、体が、随分と大きいことがわかる。犬は、「ボルゾイ」というロシアの猟犬だった。
そのボルゾイが飼われていた小屋をカメラで撮影すると、一瞬、犬の顔が見えた。長い首と細長の顔のボルゾイ。立ち上がると、2メートルほどになるものもいるという。専門家によると、ボルゾイは、ロシアでオオカミ狩りに使われるなど、追いかけることが得意な犬。性格は、凶暴ではないものの、とても野性的だという。
今回、地元住民によると逃走したボルゾイは、別の犬に襲いかかり、4匹の犬が被害に遭ったという。そのうちの2匹は、死んでしまった。
別の被害に遭った犬の飼い主は、「十何年かわいがっていた犬が、脚も食いつかれ、首も食いつかれ。腹立たしい、かわいそう。涙が、見て止まらなかった」と語った。逃げ出したボルゾイは、相次いで見つかり、28日昼すぎ、最後の1匹も捕獲された。28日午後、保健所に預けられていた犬を飼い主が引き取りにきた。飼い主は、「(いろんな方が協力して最後の1匹を見つけていたが?)家に犬がいっぱい待ってるから...」と話した。
警察は、飼われていた小屋の管理状況を調べている。
フジテレビ系(FNN) 9月28日(水)20時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160928-00000533-fnn-soci

昭和天皇に厳しかった日本共産党@悠仁派が今上天皇に優しいのは


だからなんですよ。(爆wwwww
だから当然・・・



なんですね。(爆wwwwwwww

2016年9月28日水曜日

日本第一党は国内キムチ最狂のケツモチを日本の元首に据えようとしてる隠れキムチ派政党





元大塚化学会長の大塚公さん死去


元大塚化学会長の大塚公さん死去
2016年9月28日20時40分

大塚公さん(おおつか・いさお=元大塚化学社長・会長)が27日、老衰で死去、89歳。通夜は29日午後6時、葬儀は30日午前10時から東京都港区高輪3の15の18の高野山東京別院で。喪主は次男潤也さん。連絡先は大塚化学総務部(06・6943・7711)。

大塚グループを創業した故大塚武三郎の四男。
http://www.asahi.com/articles/ASJ9X5TL2J9XPLFA00P.html



赤い世界連邦脳な天皇は阿Qサマナなんですよ。(爆w








東京都内の業者が輸入した韓国産の生鮮マクワウリから基準値を超える残留農薬

 厚生労働省は28日、韓国産の生鮮マクワウリから基準値を超える残留農薬が検出されたとして、食品衛生法に基づく検査命令を出した。輸入時の検査が義務付けられる。既に市場に流通しているが、健康被害の恐れはないという。

厚労省によると、8月に東京都内の業者が輸入したマクワウリから、基準値の2倍の殺虫剤クロルフェナピルが検出された。9月に大阪市の個人が輸入したものにも同量の成分が確認された。輸入された計1420キロは既に販売済みで、厚労省は輸入者に回収を指示した。

http://www.sankei.com/life/news/160928/lif1609280031-n1.html

要するにCulpritはパンチョッパリですな。(爆wwwwwwww

前山亜杜武から田母神閣下やレイシストしばき隊まで芋づる式に



2016.9.27 20:06更新
国の助成金不正受給の疑い、住宅設備会社実質経営者ら逮捕 東京地検特捜部

国の中小企業緊急雇用安定助成金を不正に受給したとして、東京地検特捜部は27日、詐欺容疑で、太陽光発電システムなどの販売を手がける住宅設備販売会社「日本スマートハウジング」(旧日本電機サービス、東京都港区)を実質的に経営する前山亜杜武(あとむ)(52)と同社総務担当マネジャー、高村博美(44)、人材育成会社代表、唐沢誠章(まさあき)(42)の3容疑者を逮捕した。

特捜部は同日、日本スマートハウジング本社など関係先を家宅捜索。押収した資料を分析し、全容解明に向け慎重に捜査を進める。

逮捕容疑は、前山容疑者らは、社員の教育訓練をした場合などに支給される国の中小企業緊急雇用安定助成金の制度を悪用。平成23年12月~24年11月、同社の前身、旧日本電機サービスの平均売上高が5%以上を減少したように偽装した支給申請書を提出し、労働局から助成金計約4700万円を不正に受給したとしている。

日本スマートハウジングをめぐっては、所得を過少に申告し、法人税を脱税した疑いもあり、東京国税局が調査を進めてきた。

民間の信用調査機関によると、同社は平成17年10月設立。25年9月に日本電機サービスから日本スマートハウジング商号を変更していた。住宅用太陽光発電システムや電気温水器の販売を手がけ、26年12月期の売り上げは約20億5000万円だった。大阪や札幌など全国に事業所がある。
http://www.sankei.com/affairs/news/160927/afr1609270020-n1.html






で、天皇陛下の菊紋にまで白いお家の黒い人の硬くてぶっとい制御棒が挿入されてしまったわけですが・・・(爆wwwwwwwwwww


油彩画家の石川ヨシ子さん死去 鹿島守之助氏の次女

2016.9.27 21:31更新
油彩画家の石川ヨシ子さん死去 元鹿島建設名誉会長、石川六郎氏の妻

 石川ヨシ子さん(いしかわ・よしこ=油彩画家、石川六郎元鹿島建設名誉会長の妻、石川洋鹿島建設取締役副社長の母)25日、心不全のため死去、87歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男、洋(ひろし)氏。

 昭和4年、鹿島中興の祖といわれた鹿島守之助氏の次女として生まれた。28年、のちに日本商工会議所会頭を務める六郎氏と結婚。27年に日展に入選、ローマで個展を開くなど画家として活躍した。
http://www.sankei.com/life/news/160927/lif1609270037-n1.html




、、、(爆wwwwwwwwww

2016年9月27日火曜日

大口病院連続殺人事件の裏側


2016年9月27日火曜日
八巻信雄さん(88)と西川惣蔵さん(88)
http://tokumei10.blogspot.com/2016/09/blog-post_23.html


2016年9月27日火曜日
大口病院のお隣
http://tokumei10.blogspot.com/2016/09/blog-post_79.html


2016年9月26日月曜日
大口病院@慈啓会
http://tokumei10.blogspot.com/2016/09/blog-post_60.html